スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, NAGOYA, CALIFORNIA

レジ屋がレジなし店舗を考える

 

無人店舗、レジなし店舗について考えた時のメモ


レジなし店舗

レジ係がいなくて、お客様(消費者)自身がレジでお会計処理をするタイプを「セルフレジ」と一般的に呼んでいる。スーパーで時々見かけたり、代官山ツタヤ、GUなどが有名だ。あと、券売機やガソリンスタンドのセルフ給油も広義で同じだと思う。その一方で、いま話題として取り扱う「レジなし店舗」はセルフレジと違い、レジ係だけでなくレジそのもの(や清算機)も店内に存在しない状態だと思ってほしい。「レジなし店舗」は山本の勝手な造語なのでその点留意すること。

 

チェッカーとキャッシャー

ルフレジを考える時もそうだが、レジなしを考える時に、レジの役割を「チェッカー」と「キャッシャー」という二つに分けると考えやすくなる。チェッカーはいわゆるカート機能で、キャッシャーは支払いだ。つまりレジ係の役割とは、お客様のカートに入っている商品をチェックし商品何点で合計幾らかをチェックすることと、何らかの支払い手段で受領することとなる。

ルフレジの場合、チェッカーとキャッシャーの両方の機能を持った機械を設置して、消費者自身がその機械を操作する。レジなし店舗の場合は、チェッカーとキャッシャーの機械が存在しないか、またはチェッカー機能だけを持つ機械が設置されるイメージだ。

 

Amazon GO

さて、昨年末に一度書いたAmazon GO

Amazon Go - スマレジ☆経営ブログ

 

huffingtonpost 2016.12.10

Amazon Goの仕組み 「カメラとマイク」で実現するレジなしスーパー

 

DIAMOND online 2017.01.17

無人コンビニ「Amazon Go」は日本の流通業界を席巻するか

 

Amazon によると、Just Walk Out Technology と呼ばれている技術によって実現するとあるが、チェッカー機能(つまりカートイン)は、消費者が持つスマホアプリ側で処理される。どうやって?の部分はカメラを始めとした各種センサーによって検知するのだという。カメラとセンサーだけで実現するとすれば、それはかなりのインパクトだ我々スマレジがチャレンジしようにも、なかなか難しいのはコンピューターに学習させる膨大な機械学習のサンプリングをどうやって実現してゆくかという課題だ。人間が棚から商品をとって、また戻して、というアクションの度にリアルタイムにカートインされるためには、センサー類と複数カメラ画像解析など複合的にかつあらゆるパターンにも対応できる必要があり、実用レベルの実現にはかなりの労力が必要とされる。

 

続報によると、AmazonGoですらまだ課題があるようだ

blogos 2017.03.28

アマゾン・ゴーの開店遅れる!AIコンビニはおでんツンツン男で不具合?


そして、RFID

カメラや各種センシングを張り巡らさなくとも、レジなし店舗が実現できる可能性は大いにある。

 

DIAMOND online 2017.04.26

コンビニ無人レジ化の近未来、バイト・パート需要が激減!?

経済産業省「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」

 

「Just Walk Out」とまではいかないが、ICタグRFIDタグ)を商品に貼れば、理論上はレジなし店舗が実現する。


RFIDタグで実現する場合のレジなし店舗

私たちが思いつく感じでは、こんな感じだ。

(1) 会員IDを特定したチェッカー(カートイン)
商品の読み込みはRFIDリーダーを必要とする。店舗内の特定の読み取りコーナーか、またはショッピングカートにリーダーがついているか。カートイン自体は、消費者のアプリ側でおこなう。

(2) キャッシャー(支払い)
支払いはアプリ(ネットショップのような)で実施。つまり消費者が持つスマホを利用。

(3) 退店
セキュリティゲートではRFIDリーダーで購入済みの単品かどうかをチェック。そうでないならアラート。

【ハードウェアの設置】
・カートインさせるためのRFIDリーダー
・セキュリティゲート

アプリとハードウェアの完成度が明暗を分けるように思える。消費者にとっていかに違和感なく、ポジティブに利用してもらえるかが最大のポイントかと思われる。

 

うまくいく業態とそうでない業態

すべての店舗にあてはまるわけではなくて、少なくとも以下のような要件を満たさなければうまくいかないように思える。

要件(1)
IDを特定するためと決済するためのアプリが必須(クレジットカード連動 or ネットショップ連動)。アプリでなくとも、例えばクルマのナンバープレートでも、本人が特定できればOKではある。

要件(2)
店員の手助けが必要ない業態
→ 商品説明などのしっかりとした接客が必要な商材では無人化が難しい 例)アパレルセレクトショップ、靴屋、腕時計など
→ 入店してから退店するまで、店員と話さなくてもよい商材・業態 がやりやすい 例)コンビニ

要件(3)
商品にICタグをつけられるか?
・単価が割に合うかという問題(一枚10〜20円)
・タグ付けができるかどうかという問題(たとえばボルトナット単品にはつけられない)

要件(4)
高額商品はリスクが高い
・セルフのガソリンスタンドでは給油後、支払わずに逃げられる事件が多発した。
・セキュリティゲートを設置してもそのまま逃げられる可能性。


RFIDじゃない場合

商品スキャンをRFIDでなく、商品画像を解析して特定するケースも考えられる。商品をカメラに読み取らせてカートインする。カメラ位置が固定されていて、商品が鮮明にスキャンできるならば、ある程度の精度は出せると思う。そうすれば、RFIDタグをひとつひとつ取り付ける必要がなくなる。しかしその場合は、退店時のセキュリティゲートチェックが不可能になる。

 

 

スマレジは、クラウド側の機能が使えるが、レジという入力インターフェイスの部分は、レジ係が打ち込むこと(つまり有人)を想定しているため、そこの無人向けの作り込みが必要だ。また、ネットショップや会員アプリ等との連携が必須に思う。

 

消費者目線で、消費者にとって利便性の高い店舗システムを構築できれば良いなぁと思います。誰か一緒にやりませんか。

 

スマレジ名古屋ショールーム

 

先月の横浜に続き、名古屋ショールームがオープンします。スマレジを立ち上げて間もない頃、わたし自身何度か名古屋納品に行ったことがなんだか懐かしいです^ ^

 

これで、東京、大阪、福岡、横浜、そして名古屋の合計5カ所になりました。主担当者は、当社エースの梶本です。 

f:id:hirossy1977:20170614192624p:plain

 スマレジのかじログ

 

栄・矢場町エリア

ショールームの場所は名古屋のファッション・グルメが集積している栄・矢場町エリアです。栄からは徒歩10分、矢場町からは徒歩3分です。駅からショールームまで、お店がたくさん立ち並んでいますから、徒歩10分とはいえあまり遠く感じないと思います。途中にはスマレジ導入店舗さまが多数ありますので、ご来場のついでにぜひチラッと様子を覗いてみてください!

 

 

6月21日オープン

来週6月21日(水)オープンですが、ショールーム予約はもうスタートしていて、ご予約可能です。ささやかながらご来場粗品もご用意しておりますので、ぜひ遊びに来てください!

ショールーム予約

 

東海エリアのお客様にご満足いただけるよう、梶本をはじめ全社をあげて取り組んで参ります。何卒宜しくお願い致します。

 

 

スマレジ防災訓練を実施しました

 

昨年秋に第1回目を開催した「スマレジ防災訓練」の第2回目を実施しました。

 

▼スマレジ防災訓練とは

 

▼第1回目の様子はこち

  

第2回目にあたる今回は管理部が企画・進行してくれました。開催日が予定より遅れたものの、それでも全員参加で、みんな自主的にしっかりと実施してくれて、良い内容となりました。

 

f:id:hirossy1977:20170609144601j:plain

 

ちゃんと考えれば「これは問題があるな」と簡単に気付けることでも、日々の業務の中で当たり前になったり忘れてしまうことはよくある話で。

 

たとえば、大災害が発生したとき社員はじめ関係者間の連絡網はすぐ理解できるのか?とか、オフィスの避難経路は認識しているのか?とか、情報漏洩の観点でも、個人情報や機密情報が漏洩する可能性はないのか?とか、スマレジの運営体制についても、バグやサーバー障害が発生した時の復旧までの体制やお客様への連絡体制はどうなっているのか?とか、会社のリスクって、すっごくたくさんあって、でもそういうことって日常業務の中ではあまり気にならないことが多く、やはりこういう改めてしっかりと考える時間をとることは大事だなと思いました。とさ。

 

 

次回は今年11月。緊張感を維持して今後も継続実施してゆきます。

 

 

誰でもわかるIoT

 

「誰でもわかるIoT」というタイトルで、フォーラムイベントを開催します。

 

http://smaregi.jp/event/event/images/IoTevent.jpg

 

 

基本コンセプトは、当社と小売店/飲食店などの事業者様とが一緒になって、IoTというキーワードを軸に、お店の未来を考えるというものです。なるべく専門用語を減らして、誰でも内容が理解できるようにしたいと考えています。 

 

豪華なゲストをお招きしていて、スマレジお客様として タビオ中村様 ナノユニバース越智様 に、IoT有識者として さくらインターネット田中社長 IoTNews.jp小泉代表 に、そしてユーザー会(#スマレジ会)からは 和心様 favy様 などにご登壇いただきます。

 

IoTというキーワードの背景にある時代の潮流から 最近のトレンドまで しっかり押さえながら、お店の未来はどうなってゆくのか?という、ワクワクするようなイメージをみんなで共有できたらいいなと思っています。

 

見込み客を囲い込んで、スマレジ新規契約に結びつけたいとか、そういうことではありませんので、ぜひお気軽にご来場くださいませ。

 

 

一緒に未来を考えましょう!

 

 

 

IT企業からレジ屋へ、でまた再びIT企業へ

 

いま思っていること

 

何でも屋からレジ屋へ

スマレジを始める前、当社はウェブ制作やシステム開発など総合ITサービス(いわゆる"何でも屋")だったわけで、その"何でも屋"ってのはエッジが利かせられないので、何かに特化すべくレジ屋へと華麗に転身した経緯がある。

業界内で有名(笑

で、レジ専門会社となって専門性を高めていった結果、ものすごく奥深くて高機能なサービスレベルを実現してきた。たむらけんじの「楽屋でおもろい」ではないが、割と早い段階から業界内で一目置いてもらえるようになった。クラウドタブレット型のPOSレジパッケージで、スマレジを超えるだけのプロ機能を備えたサービスは、いまでも見たことがない。

ただのレジ屋になってしまう

でも今、巡り巡って「レジ専門会社になってる場合じゃねえっ!」というフェーズにきていて、つまりレジ業界の基本的なお作法というか、スマレジは、POSレジたる必要要件をだいたい満たせた(もちろん課題は尽きないけどね)もんだから、そのさらに次へ進まなきゃ。「ただのレジ屋」に落ち着いてんじゃないかという不安に襲われること多々。

 

だからこれからは「スマレジはレジ屋です」という、安易な謳い文句を一旦飲み込んで、「スマレジはテクノロジー企業です」と胸張ってかなきゃならない。僕が「レジ屋です」というから社員もそういう。だからまずは僕が言い方を変えていこう。

 

デジタルトランスフォーメーション。不可逆的にIT化の波が今後も押し寄せてくる。ならば当社が率先してインターネット・テクノロジーを取り込み、われわれの手で、いい未来を作ってゆこうではないか。ここから先はロールモデルなど無く、未来はぼくらの手の中だ。

 

 

オレらやっぱ舞の海だよ〜!

 

先日、クラスメソッド横田さんに会うため秋葉原

 

f:id:hirossy1977:20170511202307j:plain

 

お互いの近況報告を交えながら、いろいろと相談を。IT業界の話とか、IoTだとかRFIDだとか、人口がシュリンクしてくだとか、んで、むっちゃオモロいイベントやろうぜ!だとか。そういう会話をしてるなか、印象に残ったキーワードがあったのでメモ。彼ってホント天才。

 

 

「IoTは長い期間をかけて取り組んでゆくもの。今困っていることを解決するのとはまた違う」(店舗 × IoT に関する会話中)

 

→ そうだ。 IoTは大きな時代の潮流だもんな。IoTというキーワードだけを拾って小手先のプロダクト作って「はいっ、IoT製品です!」とかやるからバズる。いまはセンサ類など基盤となる技術が発達する時期。その発達にあわせて我々スマレジのようなフロント側ベンダーが店舗向けの安価手軽サービスに落とし込むフェーズへと進んでいくんだね。余談ですが6月スマレジ主催おもしろいIoTイベントを開催しますので、ぜひチェックしてください。

 

 

「人件費削減に関するIT市場は間違いない」 (国内がシュリンクしてゆく話の流れから)

 

→ 師匠曰くRFIDは単価10円が高いとか、そういうことではなく、人件費の削減効果として計算したほうが自然だと。いやホント仰るとおり。スマレジにしたって、100万円近くする自動釣銭機が一緒によく売れるのも何となく理解できる。そもそも労働者が減ってく中、サービスレベルは維持・発展していかなきゃならないんだもんね。

 

 

「や〜もっさん、オレらやっぱ舞の海だよ〜!」(何かの拍子に出た名言)

 

→ うまいこと言う!なんかずぅ〜んと心に深く染み込んで、あとはもう脳内ループ(笑。ははは!そうだよね。われわれ中小ベンチャーの戦い方!普通のことしてたらアカン。小回り利かせて、大技小技どんどん新しい技を繰り出していこう♪

 

 

 

という、愉快な同級生飲み会でしたとさ。

 

 

エピソード3、おわりです!

"事業計画" として本来は研究開発、予実、人員計画、資金計画などを書いてゆくべきですが、あんまり公開するものでもないし、今年度やることはなんとなく書けたので、「エピソード3」はこれで終わりにします!

 

f:id:hirossy1977:20170204174618p:plain

 

事業計画2017「スマレジ・エピソード3」 

Introduction

なぜこれを書き始めたのか

 

▼ スマレジ・エピソード3。とことん行けるとこまで行ってやるぅ

 2017年の夏秋ごろに "スマレジ3" をリリースさせようと思っている。そして、その "スマレジ3" のお披露目的なイベントを NYC と TOKYO で開催したいと思っている。バージョンアップとイベント開催。なぜそこに行き着いたのか、そしてどんな内容なのかを、半年くらいかけてじっくり書いてみたい。という内容。

  

Chapter 1. Fundamental

事業計画の第1章として、株式会社スマレジとはどういう会社なのか?何を考えているのか?など、企業の根底にある思想や考え方についての考察と長期的な目標の確認を。

 

 ▼ IDENTITY 1 世界的に評価されていいレベルだと大まじめに信じている

 当社もとはウェブ制作・システム開発会社だったから、「つくる会社」というのが基本であり、"つくる能力" は世界的に評価されてもいいレベルだと信じているという話。

 

▼ IDENTITY 2 おもしろそうだから来てんだよっ! 

個々が「じぶんのために働く」を大前提とした上で、チームとして目標を合わせようという話。

 

▼ IDENTITY 3 エンターテイメント

 まるでエンターテイメントのように、お客様に楽しんでもらいたい。お客様に楽しんでもらうためには、まずは自分たちが十分に仕事を楽しまなきゃ滲みでてこないという話。

 

▼ 理念と長期目標

企業理念、経営理念、行動指針、そして長期目標 を掲載。

 

Chapter 2. Market Positioning

"店舗"という市場とスマレジの立ち位置、そしてレジ屋業界について

 

▼ Marketing 1 .マーケティングミックス・4P/4C

環境分析、市場調査からはじまり、強みや弱みを考慮して最終的に何をすべきかを導き出してゆく。という一連の流れをだーっと紹介。

 

▼ Marketing 2 .イノベーター/キャズム理論からみて

日本に存在するお店(商店)の数と、スマレジ等レジアプリのインストール数(予測)から、いまどのくらいのお店に導入されているのかを推測。そして、お客様の質(ニーズ)が「目新しさ」から「安心/安定」に変わりつつある点について。

 

▼ Marketing 3 .レジのコモディティ化とフリーミアム

レジ自体はコモディティ化していてあまり価値がない。しかしお店にかならす必要なもの。そのうえで、フリーミアムという価格戦略をとり、コンテキストで収益をあげるやり方をとる企業がおおい。コンテキストは各社バラエティに富んでいて、おもしろい。

 

▼ Marketing 4 .一点突破

お客様(お店)を、規模と業態で分類し、スマレジが最もマッチするお客様とはどんなお店なのかを紹介。あと前週紹介したフリーミアムとも組み合わせての検討。

 

▼ Marketing 5 .レジの歴史。そしてウェブ業界との交点

レジ屋業界についての話。レジの歴史は長くレジメーカーはたくさん存在する。そんななかスマレジが如何にして登場し、発展してきたのか。歴史的な観点で考える。

 

▼ Marketing 6 .Industry4.0 / Industrial Internet

レジ業界に関わらず、世の中の大きな潮流について。特に第4次産業革命の構成要素となっている IoT, ビッグデータ, AI について。

 

Chapter 3. Strategies

これまでの章の内容を踏まえた上での、具体的な戦略・施策について

 

▼ Strategy 1. 流通・販売

どのように素早くスマレジを全国にお届けするか、という流通戦略。

 

▼ Strategy 2. 販売支援・プロモーション

マーケティング部を一度解体し、再構築。お客様がお客様を呼んで頂けるような真面目な取り組みをめざす。

 

Strategy 3. カスタマーサポート

コールセンターの質と量を向上させるため、内製化を目指す。楽しくてユニークなカスタマーサポートを。

 

▼ Strategy 4. ソフトウェア開発

スマレジ3へのメジャーバージョンアップ。米国へのチャレンジ。

 

 

ということで、スマレジ今年度はこんな感じで進めて参ります。

 

書こうと思ってからもう半年も経過していて、いま現在は自分自身もっともっと高いレベルを目指していて、もはや古い情報になりつつあるのが現状です。ベンチャーなんてそんなもんですね^^