読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, LONG YARD, CALIFORNIA

Episode3 - Chapter2. Market Positioning

1月より、単年度事業計画をブログ上で展開しています。 直近の6週では、第2章マーケティングとして、"店舗" という市場とスマレジの立ち位置、そしてレジ屋業界そのものの中でのスマレジの立ち位置などを紹介してきました。 第2章を書き終えたのでまとめ…

Marketing 6 .Industry4.0 / Industrial Internet

今週でマーケティングの章を終える。(長かったぁ) さいごは おおきな潮流について。 産業構造が変わる ここ数年、ドイツが国をあげて「これからはインダストリー4.0だ!」と言い始めると、アメリカ(の名だたる企業群)が「インダストリアル・インターネッ…

Marketing 5 .レジの歴史。そしてウェブ業界との交点

先週はお客様である「お店」を分類・分析した。今週はレジ屋業界(つまり同業)を分類/分析してみたい。 レジは100年以上前から存在した。だから、いきなり発明的に "タブレットPOS" が登場した訳じゃないことは、なんとなくわかると思う。時の流れとともに…

Marketing 4 .一点突破

"お店" と言っても、いろんなお店がある。 だから、ターゲットを絞ることは非常に効率的で重要だ。 当社の場合、セグメントを "規模" と "業種" で分類している。 規模によるセグメンテーション お客様の会社規模(または店舗数)で分類した場合、以下のよう…

Marketing 3 .レジのコモディティ化とフリーミアム

スマレジの基本レジ機能は無料で利用できる。 いわゆるフリーミアムモデルと呼ばれる手法だ。 レジアプリを最初に無料化したのはウチじゃないが、今は全体的にそういう流れになってる。 フリーミアムモデル 「基本機能は無料で多くの人に使っていただき、プ…

Marketing 2 .イノベーター/キャズム理論からみて

つぎに、イノベーター/キャズム理論からみたスマレジの状況について見てみる。 タブレットを用いたPOSレジは街でよく見かけるようになってきた。 日本に小売店が120万店、飲食店が80万店あると仮定して、合計が200万店。そのうち、タブレットPOSが導入できそ…

Marketing 1 .マーケティングミックス・4P/4C

今週から第2章を書く。 第1章では、スマレジがどんな会社で、何を考えているのかを書いた。第2章はマーケティングについて書いてゆく。それによって次はスマレジというサービスが市場の中でどのようなポジションにいるのかが浮かび上がってくる。(と思う…

Episode3 - Chapter1. Fundamental

短期の事業計画を書きながら公開しています。 これまで5週に渡って序章を公開してきましたので、一旦まとめます。 事業計画2017「スマレジ・エピソード3」 Introduction なぜこれを書き始めたのか ▼ スマレジ・エピソード3。とことん行けるとこまで行…

理念と長期目標

これまでスマレジのアイデンティティに関するキーワード・ストーリーを3つ書きました。根底の考え方や姿勢を、なんとなく理解頂けたでしょうか。で、そのような思考回路のもと、2015年秋に理念・行動指針、そして長期目標を定めたのでそれを紹介します。 理…

IDENTITY 3 エンターテイメント

今週もスマレジのアイデンティティに関わるストーリーを紹介する。とその前に、先週の補足を。 【先週の補足】 先週は、個々が「じぶんのために働く」を大前提とした上で、チームとして目標を合わせようと説いた。それについての追記で、経営陣含む先輩陣は…

IDENTITY 2 おもしろそうだから来てんだよっ!

先週に引き続き、スマレジのアイデンティティ・キーワードその2。 --- 「おもしろそうだから(会社に)来てんだよっ!」 仲間から言われた言葉。強く記憶に残っている。 自分のために働く 僕がかつて会社員だった(東京のITベンチャーに勤めていた)頃、よ…

IDENTITY 1 世界的に評価されていいレベルだと大まじめに信じている

当社にとって2016年は採用の年でした。これまで(お金がないから)少数精鋭のメンバー構成で活動してきましたが、今後のさらなる発展をめざすため、一気に方針転換し採用活動を当社の "最重要課題" と位置づけ人員不足を補いました。その結果、社員の6…

スマレジ・エピソード3。とことん行けるとこまで行ってやるぅ

ブログを書き始めてちょうど1年。新年で気分がいいし、今年はちょっとした実験を兼ねてブログの書き方を変えてみようと思う。ブログの可能性は無限大だからな。 なにを書くかというと、 いま我々は 2017年の夏秋ごろに "スマレジ3" をリリースさせようと思…