スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, NAGOYA, CALIFORNIA

主幹事証券会社の選定ポイント

 

主幹事証券会社を選定する際のポイントまとめ

 

もし上場を目指すのならば、主幹事証券会社さんと契約するのが必須でして

 

f:id:hirossy1977:20160616084541p:plain

 

野村さん、大和さん、SMBC日興さんなど、いろんな会社さんにお話を伺って、各社さんを以下の4点で比較して決定するのが良いのではないかという結論になったのでシェア。(参考になるかはわかりませんが...

 

1.エクイティストーリー

アナリストさんと面談し、会社を評価してもらいます。アナリストが分析評価した 当社の強み、弱み、成長性などが、自己分析と乖離していないかを確認します。

簡単にいうと、証券会社さんはうちの会社のことをちゃんとわかってくれているか?ということ。

 

2.バリュエーション

引受部の方とお話しし、分析の結果、当社の株価がどのくらいになるか?類似企業はどこなのか?という判断が、自己分析と乖離していないかを確認します。

簡単にいうと、証券会社さんはうちの会社を安く見ていないか?(またはその逆)ということ。

 

3.コンサルティング

主幹事証券会社さんとコンサルティング契約を結びますから、そのコンサル内容や費用は選定のポイントになります。でも、内容や金額については大差なく、差別化が難しいところだとは思います。。。

 

コンサル内容ではないですが、

たとえば 銀行系なら、銀行さん、ベンチャーキャピタルさん、などのグループ間できちんと連携して取り計らってくれて、とても助かったりして、当然それはポイントアップだったりします。

 

 

4.フィーリング・ノリがあうかどうか

上場までの話ではなく、上場後もずっとお付き合いをしてゆくことになるので、フィーリングがあうかどうかはとても大切だと思います。担当の方が真摯に当社に向き合ってくれるか?とか。感覚的な部分なのでうまく数値化できませんが、判断材料としての比重はとても大きいです。

 

その他1:まわりの口コミ

ベンチャーキャピタルさんや上場準備中の社長さん、上場企業の社長さんなどの口コミ情報は判断材料としてまあまあ使えると思います。僕はあまり他人の評価を鵜呑みにできないタイプですが。

 

その他2:スケジュール

たとえば あと1年で上場したいとか、すごく急いでいる会社の場合に、対応してくれる証券会社さんかどうか?というのが選定ポイントだという人もいます。

うちはあまり関係ないです。

 

 

あと、こういう記事とかも参考になるかも

Vol.6 主幹事証券会社の役割と選び方 

株式上場に関わる様々なキャスト「証券会社」篇