読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, LONG YARD, CALIFORNIA

IDENTITY 2 おもしろそうだから来てんだよっ!

 

先週に引き続き、スマレジのアイデンティティ・キーワードその2。

 

---

 

「おもしろそうだから(会社に)来てんだよっ!」

 

仲間から言われた言葉。強く記憶に残っている。

 

自分のために働く

 

僕がかつて会社員だった(東京のITベンチャーに勤めていた)頃、よくミーティング等で言われたのは、

 

「会社のために〜」とか、

「会社を大きくするために〜」とか、

「上場させるために〜」とか。

 

こんなことを言う上司がいて、僕はその言葉が大っ嫌いだったな(笑)。いったい誰が会社のために働くんだ?みんな自分のために働いてんだよな。

 

生活がかかっていたり、家族を背負っていたり、みんなひとりひとりが自分の人生を生きていて、Make Money する(稼ぐ)ために会社に来てる。

 

働く目的は人それぞれ違うんだ。

 

だからうちの会社では、間違っても「会社のために」なんて言わない。

 

 

目的は違っても目標はあわせる

 

はたらく "目的" はみんな違って構わない。けど、同じ会社で働く以上、ひとつの "目標" に向かって団結することは非常に重要だ。

 

f:id:hirossy1977:20170105000540p:plain

 

みんなの力がひとつの方向に向かないと、良い結果が出ないし、そもそも集まった意味がない。 

 

たとえば、バンドを組んで音楽で成功したいとか。いや、もっと小さな体験でも構わない。クラブ活動、習い事の発表会、文化祭、地域のお祭り ... そういった「みんなでなんかやってみようぜ!」って、ひとつの目標に向かって頑張った経験は誰にでもあるものだ。


スマレジで働くことは、これに近い。

 

うちの会社がいう、"団結" とか "協調性" っていうのはそのノリの延長線上だと思えばいい。当然大人の集まりだしプロ集団だから、真剣度合いがかなり違うけれど。でも、基本的にはワクワクするようなチームやプロジェクトを作っていくことが重要。へんに大人びたり、かっこつける必要なんてない。むしろ子供のように無邪気にワクワクしたほうが大抵はうまくいく。(しかも楽しい)

 

 

バックボーンが人それぞれ違うから、働く "目的" はみんな違う(とうぜん性格や考え方も違う)。だけど、働く上での "目標" は絶対にあわせなきゃならない。そしてその目標はワクワクするものでなきゃならない。

 

 

これらが成立してはじめて「おもしろそうだから(会社に)来てんだよっ!」という言葉が自然と生まれると僕は思っている。

 

 

 

 

なんかやろうぜ

ワクワクしようぜ