読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, LONG YARD, CALIFORNIA

IDENTITY 3 エンターテイメント

 

今週もスマレジのアイデンティティに関わるストーリーを紹介する。とその前に、先週の補足を。

 

【先週の補足】

先週は、個々が「じぶんのために働く」を大前提とした上で、チームとして目標を合わせようと説いた。それについての追記で、経営陣含む先輩陣は「背中を見せる」ことがとても重要。なぜなら、経営陣だってじぶんのために働いているわけで、それぞれの自分ごととして、(うしろを向いて、後輩を偉そうに使ったりしてる場合じゃなく、)前を向いて働くべきだ。経営陣だって必死に今を生きてこそ、その熱意がメンバーに伝わるものなんだと思う。そのことを先週のポストに付け加える。

 

さて、ここからが今週のお話 

 

...

 

どうせならお客様には思いっきり楽しんでもらいたい。

 

たとえばホームページなら、アクセスしてくれた人たちそれぞれの目的を快適に満たせているか。アプリなら、違和感なく操作できているかどうか。

ショールーム予約は気軽にできるようになっているか。ご来場者様に快適に楽しんでもらえているか。ショールームでの体験は素敵なものかどうか。

カスタマーサポートの電話対応はストレスがないかどうか。困っていた課題が気持ちよく解決できたかどうか。

 

f:id:hirossy1977:20170106151633j:plain

 

会社が持つインターフェースすべてが一貫したエンターテイメントとして成立したら良いなと思っている。これは、ひとつひとつの業務に対して注意深く思考し続けることで実現できるのではないだろうか。

 

媚びるわけじゃない。

自社(や自社サービス)を誇りに思いながらも、誠実に対応することが大切。

 

 

それと、

 

お客様に楽しんでもらいたいなら、自分がまず楽しんで仕事すること。それが人生を豊かなものにするんだと思う。

 

 

どうせなら、仕事を楽しもうよな