スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, LONG YARD, CALIFORNIA

Episode3 - Chapter2. Market Positioning

 

1月より、単年度事業計画をブログ上で展開しています。

 

直近の6週では、第2章マーケティングとして、"店舗" という市場とスマレジの立ち位置、そしてレジ屋業界そのものの中でのスマレジの立ち位置などを紹介してきました。

 

第2章を書き終えたのでまとめます。

 

 

f:id:hirossy1977:20170204174618p:plain

 

事業計画2017「スマレジ・エピソード3」

 

Chapter 2. Market Positioning

"店舗"という市場とスマレジの立ち位置、そしてレジ屋業界について

 

▼ Marketing 1 .マーケティングミックス・4P/4C

環境分析、市場調査からはじまり、強みや弱みを考慮して最終的に何をすべきかを導き出してゆく。という一連の流れをだーっと紹介。

 

▼ Marketing 2 .イノベーター/キャズム理論からみて

日本に存在するお店(商店)の数と、スマレジ等レジアプリのインストール数(予測)から、いまどのくらいのお店に導入されているのかを推測。そして、お客様の質(ニーズ)が「目新しさ」から「安心/安定」に変わりつつある点について。

 

▼ Marketing 3 .レジのコモディティ化とフリーミアム

レジ自体はコモディティ化していてあまり価値がない。しかしお店にかならす必要なもの。そのうえで、フリーミアムという価格戦略をとり、コンテキストで収益をあげるやり方をとる企業がおおい。コンテキストは各社バラエティに富んでいて、おもしろい。

 

▼ Marketing 4 .一点突破

お客様(お店)を、規模と業態で分類し、スマレジが最もマッチするお客様とはどんなお店なのかを紹介。あと前週紹介したフリーミアムとも組み合わせての検討。

 

▼ Marketing 5 .レジの歴史。そしてウェブ業界との交点

レジ屋業界についての話。レジの歴史は長くレジメーカーはたくさん存在する。そんななかスマレジが如何にして登場し、発展してきたのか。歴史的な観点で考える。

 

▼ Marketing 6 .Industry4.0 / Industrial Internet

レジ業界に関わらず、世の中の大きな潮流について。特に第4次産業革命の構成要素となっている IoT, ビッグデータ, AI について。

 

 

以上で第2章おわり。 

 

 

第1章はこちら

▼ Chapter1. Fundamental

Episode3 - Chapter1. Fundamental - スマレジ☆経営ブログ

 

 

基本的にはうちの社員向けに書いていますが、業界の人も、競合の人も、読んで感想を聞かせてもらえたら嬉しいなと思う。

  

来週からは、これらの状況を踏まえての当社2017年の施策を書いてゆく。

ここまで書くのに3ヶ月かかってしまったが、まぁ焦らずじっくり。