スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, LONG YARD, CALIFORNIA

1週間が異常にはやいYO

 

タイトルがすでに書くことがないのバレてるようだけど。まぁ、近況報告的なことを。

 

開発・ウェブ系

開発系の人たちは、夏から秋にかけての仕込みで大忙し。特にスマレジ3.0 のリリースが来週に迫ってきたので一つ目の大きなヤマ場を迎えている。また、お客様が増え続けているため、サーバー負荷の対応はメンバーがいろんな工夫を凝らしているようで、どんどん技術力が向上しているのが目に見えてわかり、頼もしい限りだ。

 

管理系

会社の中でいちばん忙しそう。決算処理に追われている。これまでの管理体制をひとつひとつ見直しながら進めているため、かなり時間に追われている。おかげで、どんどん会社が良くなっていってる。逆に言えば、ここでテコ入れしなかったら、今後どこかで大きく転んだろうなと思うとゾッとする。地場固めは超重要だ。

 

営業系

例年だと年度始めは成績不調から始まって、年度末に向けて盛り上がってゆくことが多かったが、今年は初月からきちんと数字をあげられている。細かな部分で言えばいろいろ課題はあるだろうが、安定して数字をあげられるようになってきていて、これもまた頼もしい。直営の拠点が増え、それらが成長することや、販売パートナー制度の見直し効果が現れてくるのが楽しみだ。ユーザー会のほうもスタートして3ヶ月経過しうまく立ち上がりそうな気配が見えてきた。

 

サポート系

外注から社内体制に切り替え途中で、どんどんメンバーが増えまくっているが、いまのところうまく回っているように思う。サポート系の仕事は一般的にネガティブなイメージを持つことが多いが、うちの場合は仕事に誇りを持ち、そして楽しんでくれていることがとても嬉しい。ユルめではあるがチームビルディングも上手だし、彼ら自身で高い目標設定をし取り組んでいる。

 

 

こう書くとすべてが順風満帆なように見えるが、当然ながら水面下ではいろいろあるし、みんながみんな必死に頑張っている。裏を返せば、この緊張感や課題意識をキープすることが順風満帆の秘訣なのかもしれない。

 

そういう自分も、もっと必死になって頑張らなきゃと思う。みんな自発的に、僕なんかよりずっとうまく動いてくれている。そのため僕自身は時間的な余裕が結構ある。なので、どうやったら最短で営業利益10億出せるか?強い企業になれるか?だけを考えるようなゼイタクな時間の使い方をさせて頂いている。強いプレッシャーはあるが、それでもやはりありがたい。結果に繋げないと。

 

あと、自分のMacBookが不調で iPad にベースマシンを変更したため、iPad に慣れるので1週間が終わった感じ。苦笑

 

 以上