スマレジ☆経営ブログ

OSAKA, TOKYO, NAGOYA, CALIFORNIA

アイアンマンに参戦してきた

 

先日、約1週間の休暇をいただいてトライアスロンに参戦してきた。

 

参加したレースは IRONMAN(アイアンマン)と呼ばれるもので、水泳3.8km 自転車180km マラソン42km を1日で走破する。世界中で開催されているが今回の会場は西オーストラリアのバッセルトンという街。カンガルーが多い。南半球はこれから夏がくる。暑い。そしてとにかくハエが多い。暑い。ハエが多い。ハエが多い。

 

f:id:hirossy1977:20171209173133j:plain

※ 海がきれい。現地に着いてとりあえず泳いでみた笑

 

レースは早朝スタートし夜ゴールするまで長時間。だから栄養補給などレース展開作りがとても重要。また、当日までのカラダ作り、食事や睡眠の管理、自転車のセッティングなど、入念な準備をするかどうかで結果が大きく左右される。これらは所属チームからのアドバイスに大いに救われた。トライアスロン個人競技ではあるが、どこかのチームに所属したほうが絶対イイ。ハエが多い。

 

出張よりも超大変。段取りが命。

仕事の出張よりも準備事項や荷物が異常に多いので段取りが大変。もちろんそれに加えて練習もしなきゃならない。多忙極まる。ハエ。

 

6ヶ月前 参戦決意、エントリー、練習開始

IRONMAN Officialサイトからエントリー。参加資格・条件や抽選などは特になく、お金さえ払えば参戦できる。ただし参加費は10万円ぐらいと、かなり高額。

 

3ヶ月前 航空券手配

シンガポールエアラインにした。関空からチャンギシンガポール)まで約6時間、チャンギからパース(西オーストラリア)まで約5時間、合計約11時間のフライト。パースと日本との時差は1時間。現地はハエが多い。

 

2ヶ月前 宿探し(Airbnb

宿はチームでAirbnb。海沿いの、豪華なプールとジャグジー付きのラグジュアリーな別荘を5人でシェア。格安。ウェアを持ってない人はこの時期に買うべし。

 

2週間前 栄養補給食などの買い出し、自転車の整備

当日レース中に食べるスポーツ羊羹、マグネシウム、ゼリータイプ、固形タイプ、をそれぞれ4〜5つずつ。プラス飲み物に混ぜるアミノ酸など。自転車は補給食を入れるバッグや水筒の追加、予備チューブとポンプなどの装備を追加。

 

1週間前 旅行の荷物準備、現地レンタカーの手配など

国際免許の準備や現地で使用するレンタカーの予約、海外wifiの予約など。

 

https://www.instagram.com/p/BcFRRBRAIDU/※ レース用の荷物だけでもすごく多い。写真の荷物プラス旅行本来の荷物が加わる。

 

3日前 現地入り、食料などの準備

パース空港から車で3時間で会場に到着。想像以上にハエが多い。ご飯は基本自炊(チームで料理できる人がいると楽 笑 三戸ちゃんありがと!)

 

2日前 レース会場チェック、自転車の整備、レースの準備

会場にチェックインするとゼッケンなどがもらえる。あとは会場にてコース確認したり、グッズを買ったり、海を泳いでみたり。ハエ。

 

1日前 自転車や荷物を会場に預ける、競技説明会に参加

トランジション(着替えエリア)に着替えや自転車を配置。

 

f:id:hirossy1977:20171209154905j:plain

※ レース前日 根っから明るい Team neaca 記念撮影。左から自分、うららか住所社長、ダトラ草深社長、チームリーダー三戸社長。

 

当日 ただひたすら頑張る

当日サメが出たらしく水泳ナシで自転車からスタート。水泳が一番好きだったので残念すぎる。自転車は120kmを超えたあたりから頭がボーッとして、俺は一体なにやってんだw と何度も思った。そしてランでは後半に両足攣りまくったけど、なんとかゴール。あとで振り返ってみて、胃腸の調子が終始良かったのが最大の勝因だったと思う。

 

f:id:hirossy1977:20171209163004j:plain

※ゴーーール!

 

f:id:hirossy1977:20171209160113j:plain

※ゴールしたらFinisherメダルとバスタオルがもらえる。シンヤさん(左から2番目)が応援に駆けつけてくれた。シンヤさんのつくるカレーはウマすぎる。

 

翌日 自転車や荷物の回収

足が痛い中、後片付け。打ち上げするも早々に即寝。

 

翌々日 帰国

帰りにシンガポールで少し遊んで帰国。日本寒い。仕事休んだお詫びを込めて御土産買う。

 

 

当日以外は酒飲んでばっかりだったように思う(笑

 

水泳ナシのレースとなったが、完走し大いに楽しんで帰ってきた。

 

また来年どこかの IRONMAN に参戦したいと思う。

 

 

チームメンバー募集中

 

 

 

→ お休みを頂きましてありがとうございました。また仕事に精進して参ります。

 

 

 

SINGAPORE FINTECH FESTIVALに行ってきた

 


ひょんなことからシンガポール行きが決まり、現地でスマレジを展示してきたのでその話を。

 

JETRO Innovation Program

ベンチャー企業知財を活用した海外ビジネス展開を支援するJETROのプログラムで、具体的にはシンガポール通貨金融庁(MAS)が主催する展示会「FinTech Festival」でのジャパンパビリオンへのブース出展とプレゼンピッチの機会を貰えるというもの。

 

JETROさんの全面的な支援がすごくて、事前に東京で3日間の集中講座を受講したり、現地シンガポールでも2日間の事前講座があり。

 

f:id:hirossy1977:20171112122030j:plain

 

展示会までにシンガポール市場、海外ビジネス展開、知財の守り方、英語ピッチのやり方、展示会での見せ方、現地法務、税務(税制)などなど具体的な指導・アドバイスをかなりもらった。特に個人的には100人前後の外人相手に英語ピッチをするのは人生初だったので、とても刺激的だった。自分は発音が悪いしボキャブラリも異常に少ないので、笑いをとる方向でプレゼンを組み立てたら わりとウケたのでホッとした(笑)

 

f:id:hirossy1977:20171125163404p:plain

 

単にシンガポールの展示会を見に行くよりも、ブース出展する側として参加することで、非常に密度の濃い時間を得ることができ、JETROさんには大いに感謝している。


▼ SINGAPORE FINTECH FESTIVAL

http://www.fintechfestival.sg/

11月14日〜16日までの3日間このイベントに参加し、ブース出展とプレゼンピッチを実施した。

 

f:id:hirossy1977:20171115095647j:plain

 

世界最大級の FinTech展示会らしく、シンガポールの大手金融機関から、アジア各国のスタートアップまで、幅広い展示があった。ペイメント、保険、小切手、ローン、エクイティクラウドファンディングなど、いろんなサービスが見れた。特にブロックチェーン、クリプト通貨、QR系決済サービスのブースが多かったような気がする。最終日のクロージング講演は小池都知事だったらしく、東京を世界有数の金融シティにするらしい。我々ジャパンブースにもやって来た。来場者はインド人、ベトナム人インドネシア人、マレーシア人 が凄く多かった。

 

シンガポール政府

シンガポール政府の政策方針の中に、「スマートネーション化がもたらす未来への対応」というものがあり、キャッシュレス・電子支払いシステムを推進。センサー、AIを活用した治安対策を導入すると謳っている。ビッグデータやIoTなどの最新ICT技術の導入で国家が直面する高齢化や交通の問題を解決して住みよい環境の実現と同時に新たなビジネス機会の創出を狙うという。また、シンガポール通貨金融庁(MAS)は、スマート金融センターを目指し、FinTech の導入を支援する、総額200億円以上の新スキームを発表しており、この展示会もその活動の一環。政府が強く推進して活気付いていることは確かだ。


ASEANマーケット

シンガポール自体は人口500万人程度でマーケットは小さいが、ASEAN全体なら6億人(EUより多い)、特にインドネシアだけで2億5千万人ものマーケットが存在する。シンガポールはその中でもインフラ整備が非常に進んでいて、ASEAN諸国に大きな影響力を持つ。みな口を揃えていうのは、シンガポールで一つ事例を作り、その事例をもってASEAN各国にディストリビュートするのが良いとのこと。シンガポールをアジア本部としてその周辺国でビジネスを展開するということか。

 

自分自身 今回が初シンガポール渡航であり、それならインドネシアやマレーシアなどにも行ってみないとまだ見えてこないなと思った。恐らく インターネット回線環境などのインフラは都市部しか整備されてなくて、大多数は未整備な気がする。インターネット回線環境よりも先にスマホが普及しているのかもしれない、気になる。


▼ スマレジの海外展開

今回は調査目的であり、海外へ販路を求める目的ではなかったが、展示してみて気付いたのは、名前。米国では「PLUGRAM POS」というブランド名を用いて展開してきたが、今回は「SMAREGI」として出展してみたら、案の定理解してもらえなかった。SMAREGI は、Smart Register の略だと毎回説明しないと通じない。せめて「SmaRegi」とすればよかったか。「スマーギ」と発音された。あと、サービス内容(タブレットクラウド型のPOSシステム)は、シンガポールにも既に同様のサービスがあり、また米Square 等と何が違うの?とよく聞かれた。これも当然かと思うが、日本国内でも既にスマレジ は安心安定路線で走っていて、目新しい商品ではないから、何らかの新規性を付加しなければ新規販路は開けにくいと実感した。サービス内容を、常に世界で通用するレベルに上げてゆきたいと、強く思った。そういう意味では、「スマレジ 」だけに固執することはなく、幅広くビジネスチャンスを掴みたいと思う。

 


▼ 謝辞

JETROさん、特に澤田さんを中心としたチームには大変お世話になりました。
・現地で事業展開されている鷲津さん
・経営者仲間の菱沼貿易イチローさん
・ジャパンパビリオンで共に出展した企業さん
・日本での通訳 万力さん、現地での通訳カクさん
皆さま、ありがとうございました。

 


英語力をもっとアップさせると、もっと情報が収集できたんだろうなと思う。来年はどんどん海外調査に出て、もっと刺激を受け、世界レベルのサービスを作りたい。

 

 

 あ、あとチャンギ空港マクドがセルフオーダー端末になっていて、ビビった。

 

 

 

ユーザー会「#スマレジ会」

 

かつての東京立ち上げコンビ(笑)川上&わたし が 今年3月に立ち上げたスマレジユーザー会「#スマレジ会」は、はやくも半年が経過しようとしている。最初は不安ばかりでどうしようもなかった状況から始まったものの、ともに運営してくださるユーザー様が少しずつ増え、ようやくメンバー150人超と、少し盛り上がってきた。

 

ユーザー会は、オフラインでの交流の場を大切にしていて、東京を中心にイベント開催をしている。第3回目にあたる今回は「デベロッパーズナイト」と称し、デベロッパーさん(商業施設等を開発する企業さん)と店舗運営者が情報交換する会。

 

 

定員80名とイベントの規模も徐々に大きくなってきて、とても嬉しいし、自分自身参加するのがとても楽しみ!

 

地味で地道な活動のように見えるかもですが、これからもっともっと盛り上がってゆきます。てか、ゼッタイ盛り上げます!

 

コンテンツもどんどん良くなってゆきます。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

夏季休暇

 

昨日(金曜)から夏季休暇に入った。今年は なんと ”6連休” と、当社にとっては異例の連続長期休暇となった。僕はといえば、木曜まで東京にいたのでそのまま東京で過ごそうかと思ったが、家族が待ってるとのことで大阪に戻ってきた。しばらく放置してた自宅の手入れをしているうちに休みが終わってしまいそうだ(笑

 

カラダは家事手伝いをしながらもアタマはボーッと別なことを考えていて、最近本を読むことがものすごく増えた中で、とりわけサピエンス全史という本を読んで以来、「先人が遺してくれたものは次に活かさなきゃ」と強く思うようになり、そのためさらにいろんな本を読んだり勉強することにハマっている。今週は(大好きなホリエモンだけでなく、)池上彰さんの本や動画を漁ってマルクスケインズなどの古典経済学を楽しんでいる。もちろん池上彰さんの言うことを全て鵜呑みにすることはないが、それでも充分楽しめていて、世の中の本質にいろんな角度から触れ、それをまた自分のビジネスにフィードバックしようと、頭の中がフル回転している感覚がとても心地よい。もっと早く勉強してれば良かったなと思うことが多いけど、でもいまの自分の立場だからそこ楽しめるのかもしれないし、とにかく今を楽しんではいる。 

 

そんな中、きょうはこんなニュースを見ながら面白いことを思いついた。 

 

▼ ローソンがPOS入れ替え 

ローソンが1万3000店のPOSレジ刷新、全面タッチ画面で省スペース化:ITpro

 

▼ファミマがPOS入れ替え

ファミマが110億円かけてPOSレジ刷新、「客層ボタン」を廃止:ITpro

 

客層ボタンを廃止して、Tポイントのデータを利用すると。

そうかそうか、そりゃ楽しみだ。

 

ちょうどCCC社長の書籍を読んでいたところだったので、なんかピンときた。スマレジだってもっともっとオモロイことができる。書かないけど。

 

こうやってブログにメモしている間に家族はどこかへ出かけてしまったようだ(笑

明日は日曜日。また猛暑の中ランニングしよう。

 

 

今週の報告

 

7月末で1Qが終了しました。内訳に所々課題があるものの売上目標はうまくクリアできました。全部署に、そしてお客様に感謝です。

  

また、当社第12期の定時株主総会が無事終了しました。総会自体はサラサラサラッと進行しましたが、内容はかなり盛り沢山(ここでは書けない)で、半年以上を費やして準備してくれた管理部に感謝です。総会当日は、取締役会そしてマネージャを加えた幹部会と、ひと通りのイベントを開催しました。個人的には 幹部陣に(新)中期計画をシェアできたこともあり、少しホッとしています。前にも書きましたが、いま特に 幹部会 と 管理部 がかなり機能し始めて、いよいよ会社がしっかりしてきたように思います。

 

さて8月から第2Qが始まりました。

売上目標がグッと上がっており、営業チームはひとつひとつしっかりと積み上げて達成して欲しい。また、開発側もスマレジ3 の 2ndリリース を控えきっとかなり忙しくなる。それぞれ頑張ってクソ暑い夏を乗り越えたいと思います。

 

クソ暑く汗ビッショリ、だけどクーラーでガクブル。

体調崩さぬようお互い気をつけましょう。

 

 

タオカフェ・BingoBox @中国

 

技術的なことがあまり詳しくわからないが、まっすぐ信じるなら タオカフェ やべぇ笑

 

 

 

また、以前書いたような RFIDを利用した無人店舗の実例も登場している。

 

Bingo Box

入店には WeChat アプリ(アカウント)が必要。商品にはICタグ(おそらくRFIDタグ)が付いていて、それをセルフレジで読み取り、WeChatやAliPayで支払うそうだ。

 

記事の通り、AmazonGoに比べて(技術的に)先進性はないかもしれないが、それでも実運用させるパワーはすごいと思う。

 

 

 

誰かやりませんか

 

 

セルフレジのひとつ eatsa

 

 先週「1週間が異常に早い」と書いたばかりだが、あっという間に更に1週間が経ってしまった。もはや焦りを通り越し恐怖を感じる今日このごろ。

 

さて、アメリカ子会社のKeiくんからの情報。情報の鮮度は少し古いが、実際に7店舗運営中のテッキーなレストランだそうだ。その名は「eatsa」。 

 

2015年、San Franciscoに1号店をオープン。いまはNew York、Washington D.C. などに7店舗を運営中とのこと。店内にはスタッフなし、調理場に3名ほどのみ。で運営しているそうです。

 

 

クリエイティブの雰囲気もいい感じで、多くの人が好感持てるね。こういったセルフサービスは、「触ってみたい!」と思わせるような、ポジティブな空気感を演出することはとても大切だな。

 

以前LA訪問した時に行ったTATSUラーメンもいい感じだったし、まったく違和感が無かった。

 

セルフ注文やセルフレジはまだまだ進化してゆきそうだ